スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | pookmark
Entry: main  << >>
DT第3弾遊んできたよ!/スコアによる称号考察/二戦目に進むためには
DT第3弾、さっそく遊んできました!新キャラも
ペガサス・翔・龍亞・キースと全部見ました。
キャラの組み合わせが色々広がって台詞を聞くのが
楽しく、それぞれ強力なデッキを使いこなしており、
デュエルも楽しいです。特にペガサス戦は多彩。

ハイスコアも塗り替えたぜー!そう、3弾からはスコア
ランキング搭載で、スコアによって「荒ぶる凡骨
デュエリスト」や「パワー神速プロフェッサー」など
の称号がつくのです。

称号はデッキ名+プレイスピード+スコアの高さ、で
決まるみたいですね。多分こんな感じ。(うろ覚え)
------------------------------------------------------------
▼地デッキ→荒ぶる、力デッキ→パワー、
 氷結界→封印を守りし、師匠デッキ→魔術の、
 X−セイバー→剣司令、ハーピィ→魅惑の、
 青眼デッキ→青い目に守られた

▼馬の骨<見習い<凡骨<熟達<スピード<神速

▼デュエリスト<プロフェッサー<キング<カイザー
------------------------------------------------------------
ランキングを見ると、高スコアが出せるデッキの参考に
なると思います。

社長デッキで二戦目のカイザー相手に38900点を叩き出し、
「青い眼に守られた神速カイザー」の称号を得たのです
が、「名前『KAI』って入れときゃよかった!!!」
と後で気づきました。
海馬サマはオレらの伝説のヒーローさ!(文庫2巻より)

その後もっと高い点が出せなかったので、適当にキャラ
名を入れておきました。

称号

その辺のDTのハイスコアを全部社長(青眼デッキ使用)
にする遊び…是非やりたいです。
できれば1位ひとつだけが『KAI』だと格好いいですね。
そしてそれはそれとして社長の悔しがる顔をランキング
画面に大写しにさせたい…。

理論上は42000点位(後述)出せると思うのですが、青眼
デッキだとシンクロ召喚できないので、現実的には40000点
前後が青眼デッキのハイスコアだと思います。青眼デッキ
使用でそれ位が出たら、『KAI』と入れようと思います。
------------------------------------------------------------
あと社長ファン的に大事なことが!第3弾から「はじめて
デュエル」の解説が龍亞・龍可によるものになってます。

社長の優しい解説と「粉砕・玉砕・大喝采ー!!」を
聞きたい方は1弾・2弾を探しましょう。
もしくは「海馬社長 はじめてデュエル」で検索。
------------------------------------------------------------
実は『KAI』がゲーセンのランキング制覇してるとか、
海馬コーポレーションが有名な大企業だとかは、城之内が
表さんに教えています。ゲーム関係のことはむしろ表さん
の方が詳しそうなのに、ちょっと意外でした。

あとナチュラルに「海馬サマ」とチビッコに慕われる社長
も確認。地位じゃなく本人の力で慕われてる。サマづけは
どうかと思うけどね!

さらに表さんは某格闘アクションスターの超・大ファン!
とか、城之内はガレージキットを組み立てられる(意外と
生活に余裕あった時期もあった?)とか、改めて読むと
色々分かって面白いです初期編。
------------------------------------------------------------
今回の青眼デッキ38900点の内訳&二戦目に突入するため
にこうするといいよ!という話は「続きを読む」から。
------------------------------------------------------------
▼デュエリストボーナス  19500点(Lv3カイザー)
▼タイムボーナス(9秒台)15000点
▼ライフ差         3000点
▼ノーダメージ       1000点
▼モンスター召喚(2回)  400点
------------------------------------------------------------
タイムボーナスの比重がものすごく高いことが
分かっていただけると思います。シンクロ召喚の
ボーナスは2000点、アドバンス召喚は500点、
通常召喚は200点です。

Lv3社長は20000点のため、差の500点+シンクロ召喚
2000点を38900点に加えて、アドバンス召喚や通常
召喚をもう少し行えば、最高で42000点近く出るの
ではないかと思います。

二戦目はアニメの勝利BGMが流れて超盛り上がり
ます。各種名台詞も満載。その二戦目に突入する
ためには、一戦目で28000点以上出すのが条件です。

そのためには、自分のターン中、タイムカウントの
消費ができるだけ少なくなるよう、カウントが進ん
でいるときは素早く入力することが重要です。
カードの確認は相手ターンに行いましょう。

だからといって、連打すると入力ミスしやすいので
お気を付けください。
------------------------------------------------------------
隠しデッキでは、X−セイバーを読み込むと出る
「X−カウンター」が使いやすかったです。戦闘
向けの罠・魔法が揃ってます。
シンクロモンスターはX−セイバーでなくても
良いので、チューナーであるエアベルンやパシウル
をスキャンしておくのがお勧め。

「ガイア・ストライク」から黒魔・白魔が抜けて
ジャック・クイーン・キングのナイトになって
いたりと、マイナーチェンジもありました。
| haru | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | pookmark
Comment








Trackback

Calendar

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Sponsored Links

Search/ブログ内検索

Profile

連絡・応援など

Category

Entry

Link

Comment

  • さくらスクリプトでの、ウムラウトつき文字の表示の仕方
    haru (09/26)
  • さくらスクリプトでの、ウムラウトつき文字の表示の仕方
    うみほたる (09/25)
  • 社長の音楽再生PLについて
    haru (08/16)
  • 社長の音楽再生PLについて
    (08/16)

Trackback

Archives

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode
QLOOKアクセス解析